スポンサーリンク
スポンサーリンク

【暦注】六曜の意味と順番 一覧|先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口

【暦注】六曜の意味と順番 一覧
スポンサーリンク
スポンサーリンク

六曜とは、日めくりカレンダーなどに、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口と書かれていて、結婚式や葬式の日取りを決める際などの参考として現代でも使われています。

鎌倉時代末期ごろから使われてきたと考えられているこの六曜は、一か月を5つに分けてそれぞれの日を区別するために使われていました。現在使われている月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・土曜・日曜の七曜のようなものです。

日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、カレンダーや手帳にも記載されていることが多くあります。暦注(れきちゅう)とは、暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などの事項のことをいいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

六曜の順番

先勝 → 友引 → 先負 → 仏滅 → 大安 → 赤口

の順で繰り返されます。

日本に伝来したの鎌倉時代末期のものとは、名称や解釈・順序も少しずつ変えられ、現在の名称となっています。

古くは

即吉→共引→周吉→虚亡→泰安→赤口の順で

現在は

先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口

となっています。

また、

六曜では、旧暦の毎月1日は次のように定められています。

1 月先勝2 月友引3 月先負4 月仏滅5 月大安6 月赤口
7 月先勝8 月友引9 月先負10月仏滅11月大安12月赤口

 

六曜の意味 一覧 順番、吉凶 – 結婚式や葬式にいい日は?

六道の吉凶については 土御門(つちみかど)・高島・安政雑書という代表的な易道で多少の違いがあるようです。

先勝

読み方:せんしょう・せんかち・さきかち
「先んずれば,すなわち勝つ」と言う意味。 かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。万事に急ぐことが良いとされる。

土御門午前吉、午後凶、急いで吉
高島万事急ぐこと吉、午後凶
安政雑書万事、朝より昼までにすれば障りなし、昼過ぎより日暮れまで悪るし

友引

読み方:ともびき・ゆういん
「凶事に友を引く」と言う意味。葬式や法事を行うと、友が冥土に引き寄せられるという迷信が あります。 かつては「勝負なき日と知るべし」といわれ、勝負事で何事も引分けになる日、つまり「共引」とされており、現在のような意味はなかった。

土御門午後は利益なく、夕方吉
高島夕刻大吉、葬式を忌む
安政雑書友引とて半ばよし、この日、葬礼出すべからず、大いに忌むべし

先負

読み方:せんぷせんぶせんまけ・さきまけ
「先んずれば、すなわち負ける」と言う意味。勝負事や急用は避けるべきだとされています。  かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていたが、字面に連られて現在のような解釈がされるようになった。

土御門平静を守って吉、午後吉
高島静かなことに吉、午後吉
安政雑書万事朝より昼迄悪し、昼過ぎより日暮れまで障りなし

仏滅

読み方:ぶつめつ
「仏様も滅亡するような最悪の日」と言う意味。この日は六曜の中での大悪日とされ,婚礼や祝儀などを忌み嫌う風習があります。

「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれる。

土御門吉凶なし
高島凶日、何事も忌む
安政雑書大悪日なり、よろずもちゆべからず

大安

読み方:たいあん・だいあん
「大いに安し」の意味。万事に用いて吉とされています。 何事においても吉、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多い。

土御門吉日にて万事進んでよし
高島吉日、旅行移転その他吉
安政雑書大吉日なり、何ごともよろずよし

赤口

読み方:せきぐち・しゃっく・じゃっく・しゃっこうじゃっこう)
「赤目日」という凶日に由来します。 この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。

土御門正午は吉、前後は大凶なり
高島凶日、ただし正午だけ吉
安政雑書この日も悪日也、よろず忌むべし、ただし午のときいっときはよし

 

六曜一覧表 簡易版

 

六 曜読 み 方意  味
先 勝せんしょう、せんかち万事急ぐ事吉、午後凶
友 引ともびき夕刻大吉、葬儀を忌む
先 負せんぶ、せんまけ静かな事に吉、午後吉
仏 滅ぶつめつ凶日、何事も忌む
大 安たいあん吉日、旅行移転その他吉
赤 口しゃっく、しゃっこう凶日、ただし正午だけ吉

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
trad-japanをフォローする
今日は何の日

コメント